スポット・ビジョンスクリーナー(乳幼児でも測定できる屈折・斜視の眼科検診)

スポット・ビジョンスクリーナーは、まだ視力検査ができない乳幼児でも屈折(近視、遠視、乱視)と斜視の検査を簡便に行うことができます。

 

 

視力は6歳くらいまでに発育していきますが、この時期に高度の屈折異常や斜視があると弱視となることがあります。お子様の視力低下は周囲からみてはっきり分かることは少なく、3歳児健康診査の視力検査でも見逃されることがあります。

より適切な時期での治療が受けられるよう、乳幼児期に検査を受けていただきたいと思います。

VS100_SpotVision_rt-front-angle